探偵業も日頃の訓練は必要です!

昨日のラスベガスでの世界戦、井上選手はほんと強かった。大のボクシングファンの私はほんと感動、刺激を受けました。周囲からの期待を一身に背負ってきっちり結果を出す。モンスター(天才)と呼ばれながらも当り前のように勝利するためには、日頃から心身共にしっかり自己管理しているのだろうと思います。プレッシャーを力に変えるメンタルの強さもほんと尊敬します。 我々探偵業も浮気調査などでは、調査対象者となる人は大なり小なり警戒心があり、やはり日頃の訓練、現場でのイメージトレーニングなどは怠ってはいけないと思います。...

コロナ禍でも変わらない浮気

コロナ禍だと浮気・不倫は減るのでは?と思われるかもしれませんが、実際はあまり変らないような気がします。 あくまでも個人的な見解ですが、接客が主となる店(キャバクラ等)、風俗店へ出向く人は減少しているような気がします。しかし、以前から不倫関係である人達は、コロナに関してはお互いを信用しているのか?自粛するという考えはあまりないようで、会いたいという気持ちが抑えられない!といった感じに見受けられます。 既に不倫関係の人達は、コロナ禍を期に別れようとはならないように思います。...

2020年 夏の海

先日、一泊二日で石川県の同業者さんの現場応援に行ってきました。 現場初日、海岸からの夕日がすごく奇麗だったので・・・ 二日目は、車が砂浜でスタッグするトラブルも発生しましたが…(^^;)...

探偵業としての社会貢献

コロナウィルスの影響で久しぶりの開催となった中部調査業協会北陸支部総会。 今回は主に我々探偵業(協会)で社会貢献できることはないかなどについて色々話し合いました。 いろんな案はでましたが、まだまだ完全にコロナが終息した訳ではないので、今後のコロナの状況も見ながら担当理事を中心に具体的な活動を決めて行こうという事になりました。 社会貢献かどうかは別として既に中部調査業協会北陸支部としては、(探偵・興信所)の苦情・トラブルなどについては無料相談を受付けております。...

突然離婚を切り出されたら・・・

「突然離婚を切り出された」といったご相談がよくあります。 夫(妻)から離婚を切り出されたら離婚に応じなければならないのか? これは、あなたに法律上の離婚原因があるか否かによって結論が異なります。離婚原因があればどんなに拒んでも裁判を起こされると離婚せざるをえませんが、ない場合には離婚されることはありません。 法律上の原因とは?これは民法770条1項に定められた事由をいいます。 具体的には、以下の①~⑤です。 ① 不貞行為 ② 悪意の遺棄 ③ 三年間の生死不明 ④ 強度の精神病で回復の見込みがない婚姻を継続しがたい重大な事由...

桜の季節

早いものでもう桜の季節ですね。 ちょっと、不謹慎かと思いましたが、少しだけ足羽河原を歩いてみました。 まだ、桜は5分咲き位でしょうか?例年ならこれからが本格的な花見シーズンですが、今年はどうでしょうか? 芸能界でも昭和の大スターがお亡くなりになられるなど、個人的にも非常に寂しいことばかりですが・・・ コロナウイルスを軽視しては駄目だと再認識いたしました。...